mihoboshi processor

あんなことこんなこと

オリガ的に言うと、バヤイのである

今日も、公園で思いっきり遊ぶ。 長男がスイスイで自転車に乗れる姿を見て、次男が隙あらば兄の自転車にまたがって、主人に『行くぜ!(だから後ろおさえてて)』を主張。 主人の感想は、次男の方がさらに自転車のセンスがあるという。 そして、夜は、ブロッ…

完敗

ある薬剤師が、生きる目標は2歳の子供の成長に負けないこと、とかいう記事を読んだ。 長男が、先週自転車の補助輪を外して15分くらいその自転車にまたがったのかな? で、今日、それ以来その自転車に乗って20分も練習しないうちにスイスイで乗れている。 子…

温かいものを

お弁当をレンジで温めることができない環境なので、野菜スープをスープジャーに入れて持っていく。 主人は、在宅勤務なので、お鍋の物を温めてどうぞ。

一人ぼっちのお昼ご飯

昼食を店舗で摂るのは私だけなので、においがする物も、遠慮せずに持っていける。 他のスタッフは午前が終わったら、1時間30分の休憩を自宅でとってからまた来る感じ。

キモチだけ

なんとなぁく、麺のお弁当や麺の夕飯は手が抜ける感じがするのだけど、意外と作る時間はそんなに変わらなかったりする。 キモチだけ楽した気分。

追われている

向かいのアパートに住んでいる奥様に漫画をお貸ししているのだけど、だんだん私の読んでいる巻に近づいてきている。 ドキドキ。

子供はいろいろと...ありえない

このごっちゃごちゃごちゃの中で神経衰弱をやっている。。。 平面のよりはるかに難しそう。

バレンタイン

メンズ3人にバレンタインプレゼント。 毎回靴下付きです。

土曜日出勤

棚卸しです。 新しく発注システムが入り、決算前に一度数合わせ。 普段会社に行くよりも30分早く起きて、3人のお昼ご飯を用意。 子どもたちは、いつもお弁当を持って行く大人を羨ましい!というので、お弁当を作りました。 13:30過ぎに終われて、私のご褒美…

週の締めは4人でブロックス

パパの帰宅を待ち、夜9時にブロックス。 さっさと終わらせるよーと声をかけときながら、みんながみんな、たっぷり考えて一手を打つ。 仕方ない...明日はお休み、まぁいいか(¬_¬)

母ギブでセイバーにちょっとお助けられたお昼

午前中は公園。 行く前にダイソーにちょっと寄って草そりとおやつを買って。 自転車やったり。 風が急に強くなって、母両目から涙ボロボロのため2時間遊んで帰宅。 昼食後、眠くて、セイバー見せてあげるから〜と言って、ソファの下でブランケットにくるまり…

200以上の差

写真だと同じくらいに見えるお弁当箱。 実は200mi以上の差がある。 へー。

えのきの肉巻き

保育園の給食がパンの日は、なるべくボリューミーな朝ごはんを作る。 えのきの肉巻き。 あまりをお弁当にも詰める。

今日も公園。

昨日見つけた公園へ。 今日は午前中から。 探検に行ってくる〜と言うので、私は自転車番というこで、スマートウォッチ付けてきたけど、自転車の横でベンチに座って空見たり、ブログ書いたり。 お昼ご飯を家で食べて、午後からも同じ公園へ。 ホットクツクを…

み〜っけ!

健康診断の帰り、家の近くのお肉屋さんで、美味しそうな焼豚見つけた! 今日のお昼はチャーシュー麺! なんで、こんなに紐でかたく結ばれてるのに、ラーメンに入れるととろっとろになるのかしら。 今まで、ラーメンと言ったら、チャーシュー麺は選択外だった…

冷食3種

寝坊のため、冷食の揚げ物3種を詰めて完成。

つきあっていくしかない

主人が在宅勤務で、私がお昼は家で食べる日は、自分でお昼にお餅を焼いて食べてもらってます。 虹色カルテが面白い。 どんな自分ともつきあっていくしかないんだな。 自分を少し認めてあげられた感がまた救われた。

17時まで働いて

保育園までダーッシュ! 17時までと言っても、薬屋でるのは17:10過ぎよ。

食後のブロックス

夕飯を食べたら3人でブロックス。 長男が2色担当してくれる。 私、結構本気で考えてる。

リセット

月がかわり、家計のお財布の中もリセット。 木曜日のお昼ご飯分までの食費、お米込みで6049円はなかなかいいスタートではないか。 昨日までデザートは苺をいただいたけど、明日の朝からはバナナになりますよ~。

まてまて~

私がリビング床で寝落ちしている間に、子供たちは主人と公園へ。 慌てて駆けつける。特に私が行って何するわけでもないけど。

うーっすらな雪

新潟出身、寒さ苦手な私だけど雪にココロオドル。 朝食後、みんな庭に出て、雪だるま(超ミニ)を作ってた。

7.25時間勤務がデフォルト

むむむむー。 働くのが嫌なんじゃなくて、働く時間が長いと、家に戻った時のギャップが大きすぎて、薬屋に身を置きたい感を殺しつつ、家事をする。